30代の口臭の原因は?

photo credit: 30 bolos de aniversário via photopin (license)

30代になると、男性、女性ともに口臭が気になる、という人達は増えてきます。この年代に限ったことではないのですが、30代頃からの口臭に関係が深そうな口臭の原因をみていきます。

30代の人に多い口臭の原因は?

歯周病による口臭!

歯周病歯槽膿漏(しそうのうろう)と聞くと、もっと年配の人がかかるもの、という印象を持っている人も多いと思いますが、実は日本人の30歳以上の80%が歯周病にかかっているといわれています。とても自覚症状の少ない病気なので、気付きにくい事もあり、注意が必要です。

■ 歯周病とは?
歯周病は歯周病菌に感染する事で起こる、歯茎の炎症を伴う病気です。歯周病菌が毒素を出して歯茎に炎症が起こると、歯と歯茎にすき間ができてしまいます。これを歯周ポケットといいますが、そのすき間に、細菌がさらに侵入していき、病気が進行します。やがて歯を支えている骨まで達すると、骨を溶かし歯が抜け落ちてしまいます。

この歯周病の過程の中で、歯周病菌が活動する時に、口の中のタンパク質などをエネルギーとして分解し、それらが腐敗して発生するガスが口臭となります。歯周病ではない人の口の中でも口臭となるガスは作られるのですが、歯周病の人の方が、より臭いの強い成分のガスが作られるため、口臭もきつくなります。

また細菌が歯茎の奥の方に進んでいくことで、その部分にがたまり、その臭いもプラスされさらに強い口臭となるのです。

歯周病の対策は?

歯周病に関しては、自分で出来る事と、歯医者さんにお願いしないとダメな事があります。自分で出来る事としては、とにかく口の中の細菌を取り除く、という事です。細菌は歯垢プラーク)という塊になって、すき間にへばりついているので、うがいなどでは取れません。歯ブラシなどを使って正しいブラッシング方法で取り除きましょう。

歯垢は放っておくと、歯石といって、歯ブラシでは取り除けない固い状態になります。そうなると自分ではどうしょうもありません。また歯周ポケットの中の汚れも取り除くのは難しいです。これらは歯医者さんに行ってケアしてもらうようにしましょう。

内臓の不調による口臭!

口臭の原因は80~90%が口の中にあるといわれますが、それ以外に内臓の不調が引き起こす事もあります。その中でも多いのが胃腸の不調でしょう。

ストレスやお酒の付き合い、不規則な時間帯の食事などは、胃での消化不良胃酸過多、腸では便秘などを引き起こします。そしてこれらの症状により口臭が起こることがあります。

消化不良・便秘

これらは胃腸の中で食べたものがスムーズに消化・吸収が行われず、長い時間とどまってしまいます。そのうちに食べ物が腐敗して臭いの成分を出してしまい、それらが血液を通って肺に達して呼吸と一緒に口から出てくるのです。
「便秘が口臭の原因になる理由!」

胃酸過多

暴飲暴食などにより、食べ物が大量に入ってくることで、消化するための胃酸が必要以上に分泌される状態で、この場合、逆流性食道炎という病気を起こすこともあります。これも口臭の原因となる場合があります。
「口臭の原因となる、逆流性食道炎!」

舌苔による臭い

舌の表面には舌苔ぜったい)と呼ばれる白い汚れが付着する事があるのですが、実は口の中で作られる臭いの6割がここで作られているのです。その為、舌のケアは口臭対策にとって重要なのですが、この舌のケアを行っている人が、30代から上の年代になるにつれて少くなっていくのです。

意識の問題もありますし、舌苔が口臭の原因となるという事自体を知らない人も多いのでしょう。ただしこの舌苔をとるからといって、歯磨きの時に歯ブラシでついでにゴシゴシと磨いてはいけません。舌は繊細な粘膜なので掃除を行う場合は、出来るだけ優しく行うようにしてください。
「舌苔に、どうしても舌ブラシを使うなら!」