口臭対策にはアルカリ性食品?

photo credit: cybergibbons via photopin cc

食品を酸性食品と、アルカリ性食品とに分類する事があります。

口臭対策には、このうちのアルカリ性食品を摂る事が良いとされているのですが、一体どういう事でしょう?

酸性食品、アルカリ性食品とは?

ここで言う酸性、アルカリ性というのは、その食品自体の性質が酸性かアルカリ性か、という話ではありません。

分かり易いところでいくと、レモンです。

レモンはあの酸っぱさからも想像がつくと思いますが、酸性の性質を示します。
実際にリトマス試験紙でもそうなります。

ではレモンは酸性食品なのかというと、実はアルカリ性食品なのです。

どういう事なのでしょう?

実は酸性食品、アルカリ性食品という分類は、その食品を燃やして残った灰のpHが、酸性、アルカリ性のどちらを示しているかによるのです。

ではなぜその様なややこしい分類をする必要があったのかというと、食べた物が体内で代謝され、残った成分の性質を分ける為です。

以前、酸性食品ばかり食べていると血液が酸性に傾き、健康に悪いのでアルカリ性食品をたくさん摂りましょう、という健康法が流行りました。

しかし実際には酸性食品ばかり食べても血液が酸性になることは無い、という事になり、その分類自体が無意味だ、という意見が多いようです。

酸性食品、アルカリ性食品にはどんなものがあるの?

この分類がどうなのかは一度置いといて、どのような食品が酸性・アルカリ性食品なのかを見ていきましょう。

酸性食品 アルカリ性食品
  • 肉類(鶏肉・豚肉・牛肉)
  • 魚介類
  • 野菜
  • 果物
  • キノコ

などに分けられます。

なんとなく見ただけでもアルカリ性食品の方が体に良さそうですが、全く意味の無いものなのでしょうか?

それには燃やして残った灰の成分を見ていく必要があります。

どんな成分が含まれる?

酸性食品

酸性食品の方に見られるのは、硫黄、塩素、リンなどのミネラル成分です。

アルカリ性食品には、カリウム、カルシウム、マグネシウムがあります。

これらは口臭に何か関係してくるのでしょうか?

まず酸性食品に含まれる硫黄なのですが、口臭の元というのは、そのほとんどが揮発性(気体になりやすい性質)の硫黄化合物なのです。

つまり酸性食品に多く含まれるタンパク質などが分解されて発生するガスなのです。

その意味で、酸性食品を大量に食べる事は、口臭の材料となるものを大量に摂取する事に繋がるため、控える、あるいはアルカリ性食品とバランスを取る事が必要だと言えます。

アルカリ性食品

次にアルカリ性食品に含まれる成分では、

  • カリウム⇒体の水分を一定に調節する。
  • カルシウム⇒骨やを丈夫に保つ。
  • マグネシウム⇒カルシウム同様、歯にとって必要であると共に、精神を落ちつかせる成分を作るのに使用。

これらはすべて口臭対策にとって有効な効果と言えるでしょう。

つまり酸性食品に含まれるミネラルには、口臭の原因となる物質が含まれ、アルカリ食品に含まれるミネラルには、口臭の対策に効果のある成分が含まれるのです。

ただしよく言われる、酸性食品で体内(血液)が酸性になったのをアルカリ性食品で中和する、というような効果はありません。

何も考えずに食事をすると、人間はどうしても酸性食品の方が多くなる傾向になるので、あくまでも摂取するミネラルをバランス良く摂りましょう、という考え方、というのが良いようです。