アセトアルデヒドが口臭の原因?

photo credit: Sake via photopin (license)

アセトアルデヒドという名前を聞いたことがあるでしょうか?聞いたことがなくても、誰もが知っているものから作られる成分で、これが口臭の原因となります。

アセトアルデヒドとは、どんな物質?

アセトアルデヒドは、化学式がC₂H₄Oで表される、無色透明の液体です。

沸点(液体から気体に変わる温度)が20.2度と、常温でも非常に揮発しやすく(気体になりやすく)、可燃性の高い物質で、エタナールとも呼ばれます。

アセトアルデヒドは二日酔いの敵!

お酒を飲むと二日酔いになる事がありますが、それは、アセトアルデヒドが原因だといわれています。アセトアルデヒドは、アルコールが分解される事でできるのです。

体に入ったアルコールは、肝臓で、アルコールを分解する酵素の働きによって分解され、アセトアルデヒドになります。次にアセトアルデヒドを分解する酵素によって、酢酸(お酢の成分)に分解されます。

そして最後には尿として排出されるのですが、このように完全に分解するには、飲んだお酒の量によっては、24時間かかるといわれます。

つまり、お酒を飲みすぎた場合、アセトアルデヒドや、酢酸といった成分が、丸1日、体の中に残った状態になります。

アセトアルデヒドが強い口臭になる!

アセトアルデヒドは、非常に刺激の強い青臭いにおいを発します。そしてこの臭いが口臭として現れるのは、当然飲酒をしたときです。

アセトアルデヒドや酢酸、そしてアルコールといった成分は、体に残っていると、血液に吸収され体中を巡ります。その一部は、汗として排出され、体臭となります。そして肺に達した成分が、呼吸と一緒に口から外に出てきて、口臭となるのです。

この臭いというのは、20歳以上の人は、想像できると思いますが、アセトアルデヒドと酢酸とアルコールの混ざった、非常にきつい臭いとなります。

アセトアルデヒドによる口臭の対策は?

肝臓の働きを高める

アセトアルデヒドは、肝臓で分解されるため、肝臓の働きが弱っている時などは、臭いの成分が残り口臭もきつくなります。そのためには肝臓に頑張ってもらわなくてはなりません。

暴飲暴食をさける!

肝臓はアルコールを分解するだけでなく、食べ物からエネルギーを作ったり、他の有毒なものを解毒したりと、様々な働きをしています。大量に食べることは、それだけ肝臓の仕事が増えて、弱ってしまいます。

夜遅くに食べない!

肝臓も夜は休みたいのに、寝る直前に食べ物が入ってくる事と休めず、元気になりません。

休肝日を作る!

お酒を飲まない日を作ることで、日頃お世話になっている肝臓を休ませてあげましょう。

肝臓に必要な栄養素をとる!

レバーや牡蠣、しじみなど肝機能を高めるといわれる食材があります。特にビタミンA、C、Eや良質のタンパク質が必要といわれるので、それらを含む食品を積極的にとりましょう。

水を飲もう!


お酒を飲んだときの口臭対策としては、お水を飲みましょう。肝臓でアルコールなどを分解するには、大量の水が必要となります。またお酒を飲むことによる利尿作用によって、体内の水分量が減ってしまいます。

そうなると、口の中から発生する口臭を抑えるのに大切な、唾液の分泌が減ってしまいます。肺から出てくるアセトアルデヒドなどの臭いに加え、口からも口臭が発生する事になり、さらに臭いがきつくなります。

できればお酒を飲むのと一緒に水分を取るようにしましょう。

日本人にはもともと、欧米人と比べて、アルコールなどを分解する酵素の量が少ないといわれます。また個人差もあり、過剰のアルコールは、当然その分、口臭を強くします。

お酒は適度な量を楽しむようにしたいものです。