口臭を自分でチェックする方法

photo credit: Alice Rosen via photopin cc

なんとなく自分に口臭があるか不安に思っている人は、実際に臭っているのかどうかをきちんと確かめたいと思っているでしょう。口臭をチェックする方法としては、どんなものがあるのでしょう?

口臭をチェックする最も確実な方法とは?

口臭をチェックする方法、ということだけなら最も確実なのは、トップページにも書いてありますが、他の人の鼻で嗅いでもらうことです。

そもそも口臭というのは、相手に不快と感じさせる臭いであって、もし自分が口臭を感じていても、近い距離で息を嗅いでもらって、他人が気にならないのであれば、OKのはずです。

つまり自分で臭い、臭くない、と考えていても結果が出ないのです。

ただそうは言っても、なかなか聞けない!その気持ちも分かります。

なので、自分で確認できる口臭をチェックする方法を挙げてみます。

あくまで、自分で確認する、という事なので、他人がどう感じるかは、確認した結果とつながる訳ではありません。

コップを使ってチェック

  • まず口を押さえても息がもれないサイズのコップを用意
     ↓
  • 口をくっつけて息を吐く
     ↓
  • 口を放してコップを手でふさぐ
     ↓
  • 少し間を開けてからにおいを嗅ぐ

他にはビニール袋を使ったり、マスクを使ったり、手で押さえてチェックなどの方法がありますが、他の臭いが混ざる為、コップが一番分かりやすいと思います。

オキシドールでうがいしてチェック

  • オキシドール(過酸化水素水)を3~10倍に薄める
     ↓
  • うがいをする
     ↓
  • 吐いた液体の状態を確認する為、コップに出す

この時吐き出した液体が泡だらけなら口臭を発している可能性が高いと言えます。

このような大量の泡は、口の中に、口臭の発生原因となる、食べカス歯垢などが残っている場合に発生します。

また、これも口臭の原因である歯周病の、炎症や膿にも反応し泡が発生します。

つまり大量の泡が出ている場合は、口臭の原因となる磨き残し、あるいは口臭の原因となる病気が口の中に存在している可能性を示します。

(少量の泡は必ず出ますので、気にしないでください。)

唾液を渇かしてチェック

口臭は、口の中の細菌が発生させるガスなのですが、このガスは唾液があればその中に溶けていきます。

たくさんの唾液があればその分多くのガスを溶かす事ができるので、口臭対策には唾液がとても重要であり、口が渇くドライマウスが起こると口臭が発生するのはこの為です。

つまり唾液を渇かすと、口臭の原因物質が気体となってくるので臭いをチェックする事ができるという訳です。

ただ自分の臭いがどのようなものかは分かるのですが、それが他人にどの位臭っているのかは分かりません。

誰の唾液でも、多かれ少なかれガスは必ず含まれていますし、その臭いを常にまき散らしている訳ではありません。

あくまでも自分の臭いを知る方法です。気にしすぎないようにしましょう。


他には、

  • 舌に苔状の汚れ(舌苔)が付いていないかチェックする
  • 歯垢の臭いを嗅ぐ

などの方法もありますが、上に挙げたものも含め冒頭で書いた様に、臭いの質などは分かっても実際に他人に臭うレベルなのかどうかの判断は難しいです。

確実な判断をするには、やはり他の人に嗅いでもらう、もしくは歯医者さんなどのお医者さんに診てもらう事でしょう。