口臭対策に必要な唾液 その成分とは?

photo credit: infraredhorsebite via photopin cc

口臭対策に最も必要なもの、それは唾液です。

口臭は病気によって発生するものを除くと、口の中で、食べカスなどを細菌が分解して腐敗する時に発生するガスがほとんどです。

そして唾液は口の中の食べカスを洗い流したり、口臭を作り出す細菌を殺します。

この口臭に働きかける唾液には、どの様な成分が含まれているのでしょう。

ほとんどが水

唾液の成分には色々なものがあるのですが、割合でいうと、ほとんどが水です。
全体の99.5%を占めています。

主な成分は次のようなものです。

 水分(99.5%)
 無機成分
 ナトリウム・カリウム・カルシウム・無機リンなど
 有機成分
 アミラーゼ・マルターゼ・ラクトフェリン・リゾチーム・ラクトペルオキシターゼ・免疫グロブリン(I g A )・ムチン・尿酸

水分

  • 口臭の原因となる物質を薄める。
  • 口臭の元である揮発性(蒸発しやすい性質のある)ガスを揮発させない。
    =気体を溶かして、閉じ込める。
  • 口内の洗浄。
  • 乾燥を防ぐ。

無機成分

  • 有機成分とともに、口の中を今の状態に保とうとする事で口臭を抑える。
  • 口の中のpHを中性に保とうとする。
    (食事で口の中は賛成に傾くが、酸性では細菌が活発に活動してしまう。)
  • 歯の再石灰化を行う。
  • アミラーゼ・マルターゼ
  • 消化酵素でデンプンを分解。
  • 分解の際に発酵して臭いの成分を出す。
  • また虫歯の進行を進めてしまう酸を作り出す。

ラクトフェリン

  • 糖と結合したたんぱく質。
  • 細菌が成長するのに必要な鉄と結合して、細菌の増殖を抑える。

リゾチーム

  • 抗菌作用のある酵素で、細菌の細胞壁を分解。その為細胞は溶けて死にます。

ラクトペルオキシダーゼ

  • 同じく抗菌作用を持つ酵素。ハイポチオシアン酸イオンという、非常に強い殺菌作用のある物質を作り出す。

免疫グロブリン(I g A )

  • 体内に細菌が入ってきたときに抵抗する為の免疫物質で、細菌の増殖を抑える。

ムチン

  • たんぱく質で粘り気があり、口の中の乾燥を防ぐ。(乾燥は細菌の増殖を進めます。)

尿酸

  • 他の酵素に分解され、口臭の原因となるアンモニアガスを産出。

この様に一部口臭を出してしまう成分もあります。

ですが抗菌作用のある酵素やたんぱく質が、口臭を作り出す細菌に直接働きかけることで、元から対処してくれるのです。

また乾燥しにくいこの唾液という液体自体が、臭いの物質やガスを閉じ込める働きをしているのです。

このことからも口臭対策には、新鮮な唾液を出来るだけたくさん分泌する事が、いかに有効な事かが分かります。