ハイザックは口臭対策に効果がある?

photo credit: My Brush With Greatness via photopin (license)

口臭対策のために口の中を清潔にするのはとても重要な事です。その為に液体歯磨きを使っている人も多いと思いますが、「ハイザック」という商品を知っていますか?

口臭の予防に効果があるという意見が多い商品です。

そもそも口臭の原因とは?

口の臭いの原因には色々とあるのですが、その1つに生理的口臭というものがあります。この口臭は強弱の差はあるものの、時間帯や状態によって誰にでも起こってしまう口臭です。

口の中には大量の億を越える細菌が存在すると言われています。細菌は

  • 口の中の食べカス
  • 粘膜から剥がれた細胞
  • 血液の成分

などに含まれるタンパク質を分解してアミノ酸とし、エネルギーにする事で増殖していきます。

この時に作り出される揮発性硫黄化合物(気体になりやすい硫黄を含んだ物質)のガスが口臭の元となります。

つまり簡単にいうと、口の中の細菌が食べカスなどを分解して活動し、その時に作られてしまう気体が口臭です。

口の中の細菌はその多くが舌の表面の苔のような汚れである舌苔(ぜったい)の中にいて、口から発生する口臭の6割がここから発生しているとも言われています。他には歯や歯茎のすき間にできる歯垢(プラーク)も口臭の発生源となります。

よく歯垢の事を食べカスの塊と思っている人がいますが、歯垢は細菌そのものの塊で、もし歯垢が1グラムあれば、この中には細菌が1000億個存在すると言われています。

主にこの舌苔や歯垢の中で細菌が活動する事で、口臭が作り出されています。

ハイザックはどのように口臭に効く?

ではハイザックがどのようなものかを見ていきます。

ハイザックには「ハイザック Nリンス」という液体歯磨き以外にも、他にNスプレーペースト(通常の歯磨き粉)があり、すべて効果が認められる成分の入った「医薬部外品」です。

ハイザック Nリンスの使用方法は、いわゆるマウスウォッシュとは違って、うがいをするだけではなく、うがいの後に歯ブラシによるブラッシングが必要です。

面倒くさく感じる人もいるかもしれませんが、本来、マウスウォッシュもうがいのみでは、歯垢は剥がれ落ちないので、どちらにしてもブラッシングは必須となります。

配合されている成分に塩化亜鉛が含まれているのですが、この物質が口臭に効果を示すといわれています。

揮発性硫黄化合物と結合?

口臭は揮発性硫黄化合物と呼ばれるガスだと言いましたが、この塩化亜鉛はこれらの揮発性硫黄化合物と結合して、揮発しない(気体、ガスにならない)別の物質に変えてしまい、臭いを抑えるというのです。

アミノ酸と結合?

細菌は硫黄を含むアミノ酸を分解する事で、口臭となる硫黄化合物のガスを作ってしまういます。 塩化亜鉛はそのアミノ酸とも結合してしまい細菌が分解できなくなるので、ガス自体を作り出されるのを抑える事ができるということです。

この塩化亜鉛は、口臭の材料となるタンパク質が分解されるのを抑える、との研究結果もあります。


ハイザック Nリンスの説明をしましたが、Nスプレー(口臭スプレー)にも同じ成分が含まれています。

スプレーは吹き付けるだけなので歯みがきをしない分、リンスよりも効き目は減ってしまいますが、舌の上に利用出来る、そしてどこでも手軽に使える事から便利な口臭対策グッズといえるでしょう。

このハイザックは、効果が早い、時間が長続きする、という意見が多いです。

また歯医者さんで薦めている所もあるようなので、効果は期待出来るかもしれません。

歯医者さんでしか購入できない、と書かれているのを見かけますが楽天で普通に購入できるので、興味がある人は1度検索してみてはどうでしょう。

他にも口臭スプレーはいろいろあります。
「口の臭いに口臭スプレーは効果があるんだろうか?」