カビ臭い口臭は注意が必要?

口臭はその原因によって色々な臭いを発しますが、その中の1つにカビ臭い場合があります。いったい何が原因でカビの臭いのする口臭が起こるのでしょう?

カビ臭い口臭の原因は?

口臭がカビの臭いのする場合、原因として考えられるのが、肝臓の病気や不調によるものです。

臭いを抑える肝臓の働き!

肝臓は人間の臓器の中で1番大きく、色々な働きを持っています。肝臓の働きとしては、次のようなものがあります。

  • 代謝
    食べ物を分解して吸収した成分を、体の中で使えるように変えて供給する働き
  • 胆汁を作る
    消化・吸収を助ける消化液である胆汁を作って、分泌する働き
  • 解毒
    体の中にある有害な物質を分解して無毒化させる働き

この中で特に口臭と関係のある働きが、解毒です。体の中には様々な悪臭成分を含む物質がありますが、それらを肝臓が分解してくれるので、体の外に臭いが出てくる事はありません。

ところが肝臓の病気などで働きが機能しないと、分解しきれずに口臭や体臭として出てきてしまうのです。分解されずに残った臭いの成分は、血液に溶け出して体中を回り、そして肺にまで達したものが呼吸と共に、鼻や口から外に出て口臭となってしまうのです。

カビ臭い口臭は要注意!

この肝臓が原因で発生する口臭の臭いが、カビ臭い、あるいはネズミ臭と形容される臭いです。ただ、実際に肝臓がちょっと不調な程度では、そのような臭いはしてきません。というのも、肝臓はとても我慢強く、働き者なので、少々の病気でも働きをやめないのです。

逆に言えば、もし肝臓が原因でカビ臭い口臭がしている場合は、病気がかなり進行している可能性があるので、病院に行って肝機能の検査を受けましょう。口臭どころの話ではなくなる場合もあります。肝臓は沈黙の臓器と呼ばれ、自覚症状が出にくいので、気を付けましょう。

がんばる肝臓を休ませる!

口臭もそうですが、健康の為にも肝臓をいたわってあげる事は重要です。簡単に肝臓を休めてあげる方法をあげておきます。

  • 暴飲暴食をしない
  • 脂っこい食事を減らす
  • 軽くでも朝食を食べる
  • 寝る直前に食べない
  • アルコールを控える
  • 休肝日を作る
  • 禁煙をする
  • 睡眠をしっかりとる
  • 軽い運動をする
  • ストレスをためない、など

これらの事を意識すると、肝臓だけでなく、胃腸などの他の臓器にも良い影響を与え、結果、それら他の内臓が原因となっている口臭も抑える事ができます。口臭対策には、食生活や生活習慣を改善する事によって、効果が現れる場合も多いのです。