口臭対策に効果発揮!! 柿渋のパワー

photo credit: coniferconifer via photopin cc

柿渋というものをご存知でしょうか?この柿渋には色々な作用があるといわれ、なんと口臭対策にも効果があるというのです。

柿渋のどんな成分、作用が口臭に働きかけるのでしょう?

緑茶の70倍以上!!

まず、柿渋って何なんだ?と思うかもしれませんが、柿渋とは、

柿がまだ熟していない状態で、潰して搾った汁を発酵させたもの

の事です。

柿渋には様々な用途があり、現在では少なくなりましたが、木に塗る事で防水や腐食を防ぐ効果を求めたり、衣料を染める染料として用いたり、和紙に塗る事で強度を増すなど、非常に多くの利用法があります。

柿渋の成分として、特に口臭対策として重要な物質が柿タンニン。

タンニンとはポリフェノールの一種です。

ほぼ全ての植物の葉っぱなどに含まれるもので、緑茶などがタンニンを含む事で有名ですが、柿渋は 緑茶と比べて70倍以上の量を含んでいるのです。

この柿渋に含まれる柿タンニンは、口臭対策にとって非常に役立つ成分なのです。

柿タンニンの4つの作用

歯垢を取り除く

柿タンニンにはたんぱく質を強力に固めるという作用があります。

歯の表面、すき間にこびりついた歯垢には、たんぱく質が含まれているので、それらを固めて取り除く事ができます。

よく歯垢は食べカスだと思っている人がいますが、実は口の中にいる細菌の塊です。

そして歯垢の中でたんぱく質などを分解してエネルギーにしながら増殖し、残ったカスが腐敗する時に発生するガスが口臭となるのです。

つまり、歯垢はガスを作る細菌そのもので、柿渋にはそれらを排除する効果があるのです。

また歯垢は歯周病のきっかけとなり、歯周病は口臭を起こす病気の中で最も大きな割合を占めます。

つまり歯周病を防ぐ事は、口臭を防ぐ事に直結します。

歯茎を引き締める

タンニンには収れん作用という、血管や組織を収縮させる作用があります。

口臭の原因である歯周病は、歯と歯ぐきの間にすき間ができ、その中で歯周病菌がさらに進行させていくのですが、この収れん作用がそのすき間を少なくします。

また歯ぐき自体の引き締めにより、細胞から血液やリンパ液などが出てこなくなり、歯周病の悪化も防ぎます。

臭いを抑える

タンニンはポリフェノールの一種です。

ポリフェノールとは、六角形のベンゼン環(カメの甲羅みたいな・・・、昔授業で習ったはずです!)に水酸基(-OH)がたくさん(ポリ)くっついた分子量が大きい物質で、数千種類あるといわれています。

これらの物質は、-OHの部分が他の物質と結合しやすい性質を持っていて、悪臭成分とも結合します。

その結果、もともと悪臭を出していた成分が他の物質に変わる為、臭いの元から分解する事になります。

ガムや香水などのように、他の臭いでごまかすというわけではありません。

この効果により最近では、口臭対策だけでなく、体臭の対策として石鹸に含まれているものも多くなっています。

殺菌作用

柿タンニンには、抗菌、殺菌作用があり最近では、次のようなウイルスにも効果があると分かってきました。

ノロウイルス・インフルエンザウイルス・ロタウイルス・ヘルペスウイルスなど。

あの一般的なアルコール消毒では消毒できない、ノロウイルスまで効果があるのです。

口の中には口臭を作り出す細菌が、常に増殖を繰り返しているので、これらの細菌に働きかける事は口臭対策として非常に有効です。

これらの4つの作用が、口臭の原因となる、歯周病、口臭の成分、口臭を作り出す細菌に、様々な角度から働きかけるのです。

香りでごまかすという、うわべの対策ではなく、根本的な部分に働きかけているので、口臭対策にとって大変有効な成分といえるかもしれません。