空腹の時に口臭が起こる原因は?

  空腹を感じている時に、口臭を感じたことはありませんか。人には病気とは関係なく、誰にでも起こる口臭があり、それを生理的口臭といいます。

そしてこのお腹がすいている時の口臭も、生理的口臭の1つです。

空腹なのになぜ口臭がおこる?

口臭とは、何かを食べた、その食べ物の臭いと考えられがちですが、それだけではありません。

むしろ食べ物の臭いは、歯磨きするだけで解消できる場合が多いので、それほど問題とはなりません。 お腹が減った時に口臭が発生する原因には、大きく分けて2つあります。

唾液の分泌不足

そもそも口臭とは、口の中にいる細菌が作り出すガスが原因です。

口臭が発生する仕組み!


口の中には無数の細菌が存在していて、食べカスやはがれた細胞などをエネルギーとして増殖していきます。

細菌が分解した食べカスなどが腐敗するときに、揮発性硫黄化合物と呼ばれる気体が作られるのですが、それが口臭の元となります。

このような、臭いの元を作り出す細菌の活動を抑えるのに効果があるのが、唾液です。 唾液には、

  • 細菌のエサとなる食べカス等を洗い流す
  • 細菌の活動を抑える酵素が含まれる
  • 作られた口臭のガスを溶かして閉じ込める

などの働きがあります。つまり、

唾液が減る  

細菌が増える

口臭が増える

ということです。 空腹の時は、食事をしていないので口を動かすことも少なく、唾液が出にくい状態です。

またある程度の空腹感を超えてしまうと、あまり食べ物の事を考えなくなり、余計に唾液が出ず、口の中が乾燥してしまいます。

そして口の中の乾燥が細菌を増加させ、口臭を増やしてしまいます。これらが空腹時の口臭の1つ目の原因です。

すい液という消化液の臭い

食べ物を消化する為に、体の中では色々な消化液が分泌されていますが、すい臓から出される消化液にすい液というものがあります。

このすい液は、通常十二指腸で分泌され、消化活動を行っています。 空腹の時には当然、胃の中に食べ物がありません。ところが空腹を感じた胃は、消化活動を始めてしまいます。

これは胃がそろそろ入ってくるであろう食べ物を、消化させる為の準備作業と言われています。 この時、胃の中には食べ物がないのに、すい液などの消化液が分泌されてきます。

それらが分解されて血液に吸収され、肺に回り、呼吸として口から出てきたものが、口臭となるのです。 これら2つが、空腹時の口臭の原因です。

空腹の時の口臭は、どう解消する?

食事中、及び食後1時間位は、口の中の細菌によるガスの量が非常に少ない状態で保てています。食事による唾液の分泌や、胃では正常な消化活動が行われているからです。

そこから徐々に細菌が増え、口臭もきつくなっていくのですが、その時間帯が食後3時間経った頃になります。

食事の3時間後には、口の中の細菌が激増し、その後さらにゆっくりと増えていきます。つまりこの時間帯から、口のケアを気にしていけば良いのです。 空腹の時の口臭の対策は簡単です。

軽い食事をとる

空腹時の口臭とは、読んで字のごとく、お腹が空くから臭うのです。だからと言って一日中3時間ごとに食事は取れません。パンを少しだけ、フルーツをひとかけら。

それだけでも効果は十分あります。 また唾液を出すというのが目的の1つなので、おやつ昆布や、梅干しなども効果があります。

ガムを噛む

そんなにしょっちゅう物を食べられない、という方はガムを噛む事でも対処できます。ガムの甘みの成分は、味覚を刺激して唾液を分泌させますし、口を動かして噛む、という行為自体も唾液を分泌させるのに役立ちます。

ガムを噛むには、キシリトール入りのものをおススメします。キシリトールは甘みの元である甘味料ですが、虫歯の原因である酸を作らず、また歯の再石灰化にも効果が認められています。

お水を飲む

仕事中にガムなんて食べれない!という方。お水を飲むだけでも、効果があります。 コップ2杯程度のお水で、十分です。口の中の渇きを抑えることは、細菌の増加を抑えますし、胃の中の消化液を薄める役割も果たします。

空腹時の口臭は、原因が分かりやすいので唾液を出す、胃に何か入れるなど簡単に解消できます。ただし、自分では気づかない場合も多いので、食事の3時間後あたりから注意するようにしましょう。  

ポイント

森永乳業が開発した、別の香りでごまかすのではなく、口臭の元からケアするタブレット!

「オーラバリアは口臭に効果がある?」