口臭対策に効果あり!クロロフィルとはどんな成分?

photo credit: Nomadic Lass via photopin cc

口臭対策に効果がある成分として、「クロロフィル」というものがあります。グリーンスムージーの流行で、聞いた事がある人も多いでしょう。

これらは普段の食事やサプリメントから摂る事ができますが、このクロロフィル、いったいどの様なもので何に含まれているのか、そして口臭対策にどんな効果があるのかを見ていきます。

クロロフィルは、植物の緑の元

クロロフィルとは、植物の葉っぱなどに含まれる緑色の色素で、葉緑素ともいい、細胞の中の緑葉体という場所に存在します。

植物の活動として光合成というものがあります。

太陽の熱をエネルギーとして空気中の二酸化炭素と、根っこから吸収した水を使い、酸素と糖類を作り出すのですが、この時の太陽の光を吸収するのがクロロフィルの仕事です。

クロロフィルの持つ力

このクロロフィルには、いろいろな効果が知られています。

抗がん効果

クロロフィルには、強い抗酸化作用があり、この作用は染色体に働きかけ、染色体異常の発症を抑えると考えられています。

そしてガンの細胞は、この染色体の異常によって発症するとされているので、クロロフィルの摂取がガン細胞の発症を抑える効果がある、というわけです。

また抗酸化力が強い事により、免疫力が高まるので病気の予防にも効果があります。

貧血の予防

クロロフィルはヘモグロビン(赤血球の中にある酸素を運ぶタンパク質)と、構造上とてもよく似ています。

そして、体内に入ると血液中の鉄と結合し、ヘモグロビンへと変化するのです。

つまり造血する効果があり、酸素を体のすみずみに運ぶ事で貧血を予防します。

デトックス効果

クロロフィルには食物繊維よりもはるかに小さな繊維質が含まれていて、小腸にある小さいひだに付いた、ダイオキシン、残留農薬、有害金属などを除く、デトックス効果があるといわれています。

肌に良い

ニキビの原因となる、アクネ菌の活動を抑える効果があります。

またビタミンCとの効果により、美しい肌を作るという事で、化粧品にも配合されています。

口臭にも効くクロロフィルの効果

そして、このクロロフィルの効果に、消臭殺菌作用があるのです。

口臭の発生原因は、口の中で細菌が活動して作り出すガスなので、クロロフィルを含む食べ物を食べる事で、それらの細菌に働きかける事ができます。

また胃腸の中では、消化不良などによって残った食べ物が発酵して臭いの成分が作られます。これが血液を通って肺に達し、呼吸に混じって口臭として出てきます。

これらの臭いに関しても、胃腸内でクロロフィルの消臭作用が発揮されると言われています。

クロロフィルを多く含む食べ物としては、

  • ほうれん草
  • 小松菜
  • 春菊
  • パセリ
  • ブロッコリー

などの濃い緑色をした野菜となります。

ただし、このクロロフィル、非常に水に溶けにくい性質を持っている為、体内へ吸収されにくいのです。

そこで口臭対策のサプリメントでは、クロロフィルを加水分解によりクロロフィリンという物質に変化させ、さらにその中のマグネシウムイオンを鉄イオンに置き換えた鉄クロロフィリンという成分を配合しています。

この成分が胃腸の内部で発生した臭いの成分を分解する効果があると言われています。サプリメントは飲み込んで使用するタイプのものが多いので、口の中というよりは、胃腸が原因の口臭に効果が期待できるかもしれません。

サプリメントを利用する場合、この成分が配合されたものを試してみる価値はありそうです。