口臭対策に効く食べ物 牛乳

photo credit: Cedar Summit Farm via photopin cc

誰でも簡単にできる口臭対策として、食べ物、飲み物をとる、というものがあります。

その中でも牛乳で口臭対策をしている人というのは多いと思いますが、効果はどうなのでしょう?

牛乳で抑えられる口臭は一部だけ?

牛乳を飲むことが口臭の対策になるとよく言われますが、実は根本的な解決にはつながりません。

どういう事かというと、口臭の原因の多くは口の中の病気(歯周病など)や、口の中の細菌が食べカスなどを分解しエネルギーにするときに、それらが腐敗して発生するガス(揮発性硫黄化合物)です。

つまり口の中の細菌に働きかける、あるいは細菌のエサとなる食べカスなどを取り除くような効果が無ければ、口臭を元から断つ事は出来ないのです。


では牛乳が口臭を抑えるのに全く役に立たないかというと、そうでもありません。

牛乳が力を発揮するのは、臭いの強い食べ物を食べたときに起こる、一過性の口臭です。

その食べ物とはズバリ、ニンニクです。

あとニラやネギなどにも効果があるといわれます。

ニンニクにはアリシンという臭いの成分が含まれています。

これ自体は熱を通すと臭いはおさまるのですが、このアリシンが体内で分解されると、アリルメチルスルフィド(AMS)という非常に強い臭いの物質になります。

こうなると体内では分解されず形も変わらないので、胃や腸からそのままの形で血液に吸収され、呼気(口臭)や体臭として外に出てきます。

これは食べた直後の口の中の臭いではないため、食事後16時間以上続くともいわれます。

この臭いに牛乳がどのように働きかけるのかというと、牛乳には多くのたんぱく質を含みます。
このたんぱく質が臭いの成分であるアリシンと結び付き包み込んで、臭いを緩和させるのです。

そのような理由から、牛乳を飲むのは、ニンニクを食べているその時に一緒に飲む事が最も効果を高めます。

それは口にニンニクを含んだ瞬間から、対策する事に繋がるからです。


胃に膜を張る?

よく牛乳は胃に膜を張るので、お酒や食べ物の臭いを吸収しにくくなると言われますが、それは誤りです。

そしてアルコールの臭いは牛乳を飲むことでは防げません。

余談ですが、牛乳は膜を張るから吸収を抑え二日酔いになりにくい、というのも間違いで、牛乳のたんぱく質が肝臓の働きを良くし、アルコールの分解を助けるので、悪酔いの防止に効果があるのです。