口臭にマウスウォッシュは効果がある?

photo credit: Inha Leex Hale via photopin cc

マウスウォッシュとは、洗口液、デンタルリンスともいわれる、口に含んでうがいをする液体タイプの口臭対策グッズです。うがいの後にブラッシングが必要なタイプのものもあります。このマウスウォッシュは口臭に効果があるのでしょうか。

マウスウォッシュとは?

「化粧品」のマウスウォッシュ

マウスウォッシュは薬事法という法律によって、「化粧品」と「医薬部外品」に分れています。

「化粧品」となっているマウスウォッシュは、基本的に口の臭いを他の臭いで緩和させる効果(マスキング効果)や、潤滑剤などで口の中を潤わす効果などが有ります。

しかし虫歯や歯周病の予防といった口臭の根本的な予防、対策とはなりません。口臭の原因となる細菌への働きかけが無いからです。

ただし口の中に潤いを与えて乾燥を防ぐという点では、口臭の緩和に効果が見込まれるかもしれないので、人と会う、デートをする、といったとっさの口臭ケアには役立つでしょう。

「医薬部外品」のマウスウォッシュ

「医薬部外品」となっているマウスウォッシュは、虫歯や歯周病などの原因になる細菌に効果がある、あるいは口臭対策に効果がある薬用成分の入ったものとなります。

このマウスウォッシュの一番の目的は、口の中の細菌を殺す事、つまり口臭の原因となる病気(虫歯や歯周病)を予防する事です。

口の中の細菌は、食べカスなどをエネルギーとして活動し、それらが分解、腐敗するときに発生するガスが口臭となります。つまり口の中の細菌を殺菌する作用は、直接口臭対策にもつながるという事です。

マウスウォッシュの口臭への効果は?

ただし、マウスウォッシュのみで口の中の細菌を取り除くことはできません。細菌は歯や歯茎のすき間で、バイオフィルムと呼ばれるネバネバした物質となって、へばりついていて、うがいをしただけでは剥がれないのです。

つまり口の中にへばりついている細菌を取り除くためには、

といったもので、物理的にこそぎ落とさなければなりません。上記のブラシなどを複数使用して、できるかぎり歯垢(細菌の塊)を取り除くことが、最も重要になります。

そして、ブラッシングをきっちりと行った後にマウスウォッシュを利用する事で、ブラシでは届かなかった場所へ液体が行き届く事で、初めて効果が見込まれるのです。

よくマウスウォッシュだけで、虫歯や歯周病、口臭の対策ができる、というようなものを見かけますが、うがいするだけで全てを解消できる、という事はありません。

うがいだけで済めば楽なので、信じたくなる気持ちもありますが、ブラッシングが全ての基本であり、絶対に必要なものなのです。

マウスウォッシュに含まれている成分には注意が必要!

医薬部外品であるマウスウォッシュには口臭対策の為、様々な成分の化学物質が含まれています。その中でいくつか気を付けたい成分があります。

ラウリル硫酸ナトリウム

合成界面活性剤の1つで成分はいわゆる合成洗剤と同じです。強い洗浄性がありシャンプーや歯磨き粉に入っている事も多いのですが、その強い皮脂を取り除く作用の為、粘膜などに炎症を起こす可能性があります。

また皮膚から毒素が吸収される事(経皮毒)も認められているので、マウスウォッシュを選ぶ場合に注意した方が無難でしょう。

他に危険性が高いといわれている物質としては、トリクロサン、塩化セチルピリジニウム、サッカリンナトリウム等があります。成分表で確認しましょう。

アルコール成分

口の中をすっきりさせるために、アルコールが含まれているマウスウォッシュはたくさんあります。ただしアルコールは口の中を乾燥させ、唾液を失わせます。唾液は口の中を清潔に保ち、細菌に働きかけるなど、口臭対策にとても大切なものです。

アルコール成分の多いマウスウォッシュは、口の中への刺激が強すぎるばかりでなく、唾液を渇かして、逆に口臭を発生させる原因となる場合があるので、注意が必要です。


口の中の事を考えたら、ノンアルコールタイプのマウスウォッシュが安全です。酸素の力を利用したノンアルコールタイプのマウスウォッシュでは、歯科医院でも薦められているプロフレッシュという商品があります。
「口臭対策にプロフレッシュは効果がある?」