口臭の臭いの成分にはどんなものがある?

口臭とは、口から発する臭いのことですが、当然、肺から出てくる二酸化炭素だけでは、そのような不快な臭いはしません。いったい口の臭いにはどのような成分が含まれているのでしょう。

生理的口臭の成分

口臭には色々な原因が考えられますが、誰にでも必ず起こる口臭があります。それを生理的口臭といいます。

生理的口臭とは?


口の中にはたくさんの細菌が存在していて、食べカスなどをエサとして増殖しています。
細菌は、エネルギーにするために食べカスのタンパク質を分解するのですが、それらが腐敗するときに出すガスが口臭となります。

この生理的口臭によって作られるガスは、揮発性硫黄化合物といわれ、硫黄を含んだ臭いの強い物質です。それらの成分は、

  • 硫化水素
  • メチルメルカプタン
  • ジメチルサルファイド

の3つの気体が、そのほとんどを占めているといわれます。

硫化水素

硫化水素は、化学式がH₂Sで表される、無色の弱い酸性を示す物質で、強い可燃性と毒性をもち、噴火口や温泉の卵臭いといわれる原因となる物質です。

口臭が卵の腐ったような臭い、といわれるのは、この物質の影響を強く受けているからで、生理的口臭の中では、1番含まれる割合の高い気体です。

メチルメルカプタン

メチルメルカプタンは、CH₃SHで表される無色の気体で、腐った玉ねぎやザリガニのような臭い、といわれる非常に臭いの強い物質です。

生理的口臭の場合には、口の中の成分は硫化水素が1番割合が高くなるといいましたが、歯周病の人の口の中では、このメチルメルカプタンの割合が多くなります。

それは、歯周病菌が作り出す成分として、このメチルメルカプタンが多い事が考えられ、臭いもこちらの方がきつくなります。

ジメチルサルファイド

ジメチルスルフィドとも呼ばれる事がある、化学式がC₂H₆Sで表される物質で、こちらもやはり臭いがきつく、キャベツなどの野菜が腐った臭い、と例えられます。

その臭いは、本来無臭の都市ガスの、ガス漏れに気付くために臭いを付けるのに利用されています。

生理的口臭の成分の割合としては少ないのですが、他に内臓の不調などによる口臭の成分にも含まれる場合があり、よくいわれるのは、肝臓の病気による口臭の成分に含まれる、というものです。

その他の口臭の成分

アンモニア

アンモニアは、化学式がNH₃で表される無色の気体です。臭いは非常に強い、刺激を伴うもので、1番分かりやすいのが、虫刺されの薬の「キンカン」の臭いです。

また、尿の中にも含まれ、時間がたつと(公衆トイレの中など)アンモニアの臭いがきつくなります。

アンモニアは体内で作られているのですが、通常、肝臓で分解され尿素となり、腎臓でおしっこと一緒に排泄されます。

ところが、肝臓や腎臓の機能が低下していると、アンモニアが分解、排泄されず体内に残って、血液を通って肺から呼吸と一緒に出てきます。つまり、肝臓や腎臓の不調による口臭の成分に、アンモニアが含まれます。

アセトン

アセトンとは、化学式がC₃H₆Oで表される物質で、その臭いは甘酸っぱい、リンゴが腐ったような臭いといわれ、マニキュアの除光液の成分でもあります。

このアセトンが成分となる口臭としては、糖尿病によるものがあります。

糖尿病になると、糖を分解してエネルギーとする事ができなくなり、代わりに脂肪を分解してエネルギーを作るようになります。このときに作られてしまうのがアセトンで、その一部が血液に吸収され、肺から呼吸と一緒に出てきます。

同じことが無理なダイエット中にもおきます。炭水化物を取らないダイエットをしていると、同じようにエネルギーを作れず脂肪を分解することになり、アセトンを成分とした口臭がおこります。

インドール・スカトール

インドール、スカトールとは、ずばり大便の臭いの成分で、これが口臭の成分となる事もあります。

腸にある便の臭いが逆流して口から出てくることはないのですが、便秘などによって、長い時間、腸の中に留まっていると、その成分の一部が血液に吸収され、呼吸として出てくる事があります。

胃や腸の不調による便秘などが、インドール、スカトールが口臭の成分となる原因といえます。

これらの他にも、多くの物質が口臭の成分として存在しています。ニンニクの臭いの成分であるアリシン(アリシンは体内でさらに変化して臭いの強い物質になります。)や、タバコによる口臭の原因となるタールなどもそうです。
「にんにくの口臭、原因と対策は?」