口臭の大きな原因・生理的口臭とは?

photo credit: timatymusic via photopin cc

口臭には大きく3つに分けられます。

  • 生理的口臭
  • 病的口臭
  • 飲食物等による口臭

の3つです。

病的口臭とは体の中の何らかの病気、疾患が原因で起こる口臭の事であり、飲食物による口臭とは、だれもが経験する、ニンニクを食べた後に発生する口臭などの事です。

それでは生理的口臭とはどのようなものなのか、何が原因で起こるのかを見ていきます。

生理的口臭って何?

生理的口臭とは病気などが無くても、日常生活で誰にでも起こるもので、治療の必要は無いといわれています。特に、

  • 朝起きた時
  • 空腹時
  • 緊張している時

などに口臭が強くなります。

誰にでも起こるのですが、だからと言ってまったくケアしないのはどうでしょう。その口臭で悩んでいる人に対して、「誰にでもあるから気にしないで。」というのも失礼な話です。

確かに病気でないので治療の必要がない、しようがないという部分はあります。また強い、弱いの差はあるものの、日常生活の中で必ず発生するものなので、完全にゼロにする事は不可能。

ですが臭いを少なくする、あるいは周りの人が気にならない程度にする為の対策、対処法はいろいろあります。

その為にはまず、生理的口臭の原因を知る必要があります。

生理的口臭の原因は口の中で発生するガスのせい!

口臭の臭いの元は何なのかというと、揮発性硫黄化合物(VSC)という、なにやら難しい名前の有毒のガスです。

揮発性とは非常に気体(ガス)になりやすい性質の事で、揮発性のガスは非常に少量でも臭いを感じやすいです。

揮発性硫黄化合物(VSC)の主な成分としては、

  • 硫化水素 (卵の腐った臭い)
  • メチルメルカプタン (魚や野菜の腐った臭い)
  • ジメチルサルファイド (生ごみのような臭い)

が挙げられ、そのほとんどを占めます。

またずいぶん難しい名前が並びましたが、硫化水素などは温泉や火山、下水などで発生しているガスなので、口臭が臭いのも納得です。

ちなみに口臭の中では、この硫化水素が一番検出される量が多くなります。

ではなぜ揮発性硫黄化合物(VSC)が発生するのでしょうか?

口の中には、きちんと歯磨きをしている人でも1000億個以上いるといわれています。その細菌たちが口の中で、食べカスやはがれた粘膜の細胞、細菌の死がいなどのタンパク質を分解、腐敗させることでガス(VSC)が発生します。

そして、このガス(口臭)の発生に大きく関わっているものがあるのです。
それが唾液です。

生理的口臭が発生する最も大きな原因は唾液の分泌不足によるものなのです。

唾液の知られざるパワー

唾液は、消化酵素により食べ物の消化を助けることで知られていますが、他にもいろいろな作用があります。「口臭対策で最も大事な唾液!その働きとは?」

歯についた食べカスや歯垢を洗い流し、口の中を清潔に保つ自浄作用や、細胞の増加を抑える抗菌作用などです。

つまり唾液は、ガスを発生させる細胞が活発に活動する為の材料(食べカスや細菌の固まりである歯垢など)を減らし、さらに細菌自体にも増えないように働きかけるのです。

そんな唾液の分泌される量が減ってしまえば、口臭がきつくなるのは当たり前です。

 唾液
  ↓
 口をきれいにする
  ↓
 細菌を倒す

  ↓
 口臭であるガスを作る材料が減る
  ↓
 口臭を作る細菌が減る

こんな感じでしょうか。

つまり唾液が減ると、まったく反対の事が起こり、口臭が増えるんです。

口臭の強さは1日の中で変動している。

生理的口臭の一番の原因は、唾液の分泌が少なくなってしまうからですが、唾液は1日に約1~1.5リットル分泌されます。

それだけあれば足りるんじゃないの?と思いそうですが、1日の中で唾液の分泌量が減る時間帯があるのです。

そうです、それが朝起きた直後の時間や、空腹の時なのです。また時間帯とは関係ありませんが、緊張した時にも唾液の分泌が減ります。

朝起きた時に自分の口臭を感じて、この臭いが一日中続いているのかと思うとかなり悩みますが、そうではありません。食事中から食事後には唾液の分泌により、口臭は確実に減ります。

生理的口臭のケアには、特に強くなる時間や状況を理解した上での対策が必要であり効果的となります。