口臭の原因、歯周病とは?

photo credit: Nick Harris1 via photopin cc

病的口臭(何らかの病気が原因で起こる口臭)の中で、最も大きな原因を占めるのが歯周病です。日本では30歳以上の約80%の人が歯周病の恐れがある、というデータもあります。

80%です!

口臭の原因のトップである歯周病にかかっているかもしれない人が、8割もいるのです!!そんな歯周病にかかってしまう過程を見ていきます。

歯周病の原因、歯垢(プラーク)の正体

口の中には、常時多くの細菌がいます。この細菌は、口の中の食べカスなどをエネルギーとして繁殖し、歯垢(プラーク)を作ります。

歯と歯茎の間などに磨き残しがあると、その部分に歯垢が溜まります。

よく間違えられますが、歯垢(プラーク)とは、食べカスの塊ではなく、それらを養分として増殖した細菌の塊なのです。

歯垢1mgには2~3億個の細菌がいるといわれます。

その歯垢の中の細菌が、酸を出して歯を溶かすのが虫歯です。そして歯周病の場合は、歯周病菌が毒素を出し、歯茎から入って炎症を起こし、腫れや出血が起きます。

また歯茎を歯の表面からはがし、歯周ポケットといわれる隙間を作ります。

この隙間は深くなると、歯ブラシでは届かず、さらに歯垢や歯垢が固まった歯石ができ、細菌が奥の方へと増殖していきます。

そのまま進行していくと、歯を支えている骨を溶かしてしまい、最後には歯が抜けてしまいます。これが歯周病ができる大まかな流れです。

歯周病になりやすくなってしまう要素には、次のようなものがあります。

歯磨きが正しく出来ていない

歯周病の始まりは、歯垢の付着から始まります。

特に寝る前の正しいブラッシングで、出来る限り食べカス、歯垢を除去することが大切です。

歯ぎしりをする、噛み合わせが悪い

直接の歯周病の原因となる訳ではありませんが、一部の歯に不自然に強い力がかかる事は歯周病を悪化させることになります。

喫煙

煙草を吸う事で、3~8倍、歯周病にかかりやすくなると言われています。

煙草の有害物質が、粘膜や歯ぐきから吸収されてしまい、歯周病にかかりやすく、ひどくなりやすく、治療でも治りにくくなります。

緊張やストレス

緊張やストレスが溜まった状態が続くと、免疫力が低下して歯周病にかかりやすくなります。

よく噛まないで食べる

食事中の口の動きが少なくなり、唾液の分泌が少なくなります。

唾液には口の中を自浄する作用(細菌などを洗い流すなどの、口の中を清潔に保つ作用)があり、働かなくなることで、細菌、歯垢がたまりやすくなります。

歯周病が原因で起こる口臭

口臭が発生する流れとしては、

歯周病が起こる過程で細菌がふえる
 ↓
歯周ポケットの中でさらに細菌が増殖、歯垢の増加
 ↓
細菌が食べカスなどを分解、腐敗させてガスを発生
 ↓
これが口臭となる

となります。

細菌が発生させるガスは、揮発性硫黄化合物(VSC)という気体で、数種類あるのですが、歯周病の場合は、その中でもメチルメルカプタンという臭いのきついガスが多く発生します。

これらのガスは通常の場合でも発生することがあるのですが(生理的口臭)、歯周病になると歯周ポケットの中で歯垢がはがれず守られて、常に口臭を発生します。

さらに、歯周病が進むと血に交じって膿が出てきて、その臭いは非常にきつい口臭となります。

対策としては、当然歯医者さんでの歯周病の治療となるのですが、少しでも早い方が治りも早く、費用も低く済みます。

歯周ポケット(歯と歯茎のすきま)が深くなればなるほど、歯医者さんでの治療でも完全に回復するのは難しくなってきます。

そして自分でできる対策としては、正しいブラッシングによる歯磨きです。歯周ポケットが出来てしまったら、歯磨きでは届かなくなるので、その前の状態で歯垢を取り除くことが重要です。

歯周病は、まず歯垢が付くことから始まるので、フロス(糸ようじ)も含めて、歯垢の除去を徹底しましょう。

そして、出来たと思っても、歯垢を100%取り除くことは非常に難しいです。定期的に歯医者さんでメンテナンスを行う事を、おすすめします。