歯周病になると臭いがおこる原因は?

photo credit: abbybatchelder via photopin cc

歯周病は口臭が発生する病気の中で、最も大きな部分を占め、また臭いもきついです。

なぜ歯周病になるときつい臭いがするのでしょうか。

歯周病とはどうやって起こる?

歯周病の画像

まず歯周病がどの様に発生していくのかを見ていきます。

  • 口の中の歯周病菌が食べカスなどをエネルギーとして増殖
     ↓
  • 歯と歯茎の間にネバネバした歯垢(プラーク)を作る(歯垢は細菌の塊)
     ↓
  • 細菌が毒素を出し、歯茎が腫れて出血する事も=歯肉炎
     ↓
  • さらに増殖、歯垢の形成を続け毒素を出し続ける
     ↓
  • 歯と歯茎の間にすき間(歯周ポケット)が出来る
     ↓
  • 歯垢がさらに奥に進み、毒素が歯の周りの骨を溶かしだす=歯周炎
     ↓
  • さらに進行すると、骨が支えきれず歯が抜けてしまう

歯周病が臭いを引き起こすのはなんで?

ではこの過程の中で、どの様に臭いが作り出されるのでしょう。

細菌が作り出すガス

口臭は口の中の細菌が活動する為に、食べカスや剥がれ落ちた口の中の粘膜、細菌の死骸などのタンパク質を分解し、腐敗させる時に発生するガスです。

つまり細菌が増殖する為に活動する事によって産み出される気体なのです。

口臭として発生するガスの主な成分は、揮発性(気体になりやすい性質)の硫黄化合物である、

  •  硫化水素
  • メチルメルカプタン
  • ジメチルサルファイド

の3種類です。

口臭には何かの病気にかかっていなくても誰にでも発生する、生理的口臭というものがあります(朝の口が臭うのもこれです)が、その時の口臭の成分は硫化水素がほとんどで、卵が腐った様な臭いがします。

健康な人の口の中で発生するガスのほとんどはこれです。

ところが歯周病の人の口の中を調べると、 メチルメルカプタンの割合が高くなってきます。

メチルメルカプタンは腐った魚の臭いと形容される事が多く、臭いのきつさ自体、硫化水素よりも強いものとなります。

また臭いの発生元ですが、生理的口臭は細菌が舌の表面の舌苔(ぜったい)と呼ばれる白っぽい汚れの中で大半を作り出します。

残りは歯のすき間など。

これが歯周病になると、舌苔の上でも作られますが、それ以外に歯周ポケットの中でも細菌が増え続け、臭いを作り続けているのです。

舌の上は唾液などである程度洗い流されるのですが、歯周ポケットの中は深くなるとブラシが届かなくなり、臭いの発生元を無くす事ができなくなります。

つまり、歯周病が進めば進むほど、歯周ポケットも深くなり、発生する口臭が増えて臭いがどんどんきつくなっていくのです。

歯周病の進行による膿の臭い

歯周病が進んでくると、歯周ポケットの間にが溜まってきます。

これは歯周ポケットがどんどん深くなっていき、細菌が活動して骨を溶かしていくのを防ぐため、体側の抵抗力として白血球が細菌と戦います。

そしてその白血球の死骸が膿なのです。

歯周ポケットの中に存在している膿は、流動性が無くそこに留まったままなので、腐敗していき臭いを発する事になります。

こちらも歯周病が進行すればするほど取り除けなくなり、臭いがきつくなっていきます。

歯周病は放っておいて改善する事は一切無く、悪くなる一方です。

歯医者さんでの治療を行いましょう。

また自覚症状が少なく気づきにくい病気なので、歯周病ではないと思っている人も定期的に歯の診断、クリーニングを行いましょう。