口臭のガスが、歯周病をさらに悪化させてしまう?

photo credit: Tooth Dental Sign via photopin (license)

歯周病は口臭の原因となる病気ですが、実は口臭として発生するガスが歯周病をさらに悪化させる原因になる、というのです。

一体どういう事なんでしょう。

口臭の原因、歯周病とは?

歯周病は歯茎に炎症を伴う、歯周病菌の感染によって起こる病気です。口の中の歯周病菌などは、歯や歯茎のすき間に残った食べカスなどをエサにする為に、そこに集まってきます。

歯周病の画像

そしてその細菌の塊の中で、食べカスを分解し、腐敗させる事でエネルギーとするのですが、その時に発生するガスが口臭の元になります。

そのガスは揮発性硫黄化合物と呼ばれ、次の3種類のガスが、そのほとんどを占めます。

  • 硫化水素
  • メチルメルカプタン
  • ジメチルサルファイド

歯周病の人の、口の中にあるガス

口臭には、その強い、弱いの差はあっても誰にでも起こる生理的口臭と呼ばれるものがあります。

その場合、口の中の揮発性硫黄化合物は、硫化水素が一番大きい割合を占めます。

ところが歯周病の人の場合は、メチルメルカプタンの占める割合の方が、大きくなるのです。

そして臭いもメチルメルカプタンの方が臭いもきつく、玉ねぎの腐った臭いと形容される事もある、腐敗臭であるため、歯周病の人は口臭が起こる場合が多く、進行に応じて臭いもきつくなっていくのです。

口臭の発生が、さらに歯周病を悪化させる?

そんな口臭の時に発生するガスですが、硫化水素というと、火山から発生するガスで人間の体には有毒です。

ところがメチルメルカプタンはその硫化水素よりも毒性が強く、この物質は体の組織にも影響を与えてしまう事が分かっている、ということなのです。

歯茎に与える影響

メチルメルカプタンは、歯茎の表面の粘膜細胞の、増殖や成長を抑えてしまうという報告があります。

さらに、その奥の組織にも影響を与えて、増殖を止める事はないものの、メチルメルカプタンによって、コラーゲンなどの、歯茎を作っているタンパク質を合成するのを邪魔してしまう、という報告もあるのです。

また歯周病によって出血や炎症を起こしている歯茎は、メチルメルカプタンによって治るのも遅くなっているというのです。

問題は歯周ポケット!

歯周病になると、歯茎に炎症が起きて歯との間にすき間が出来ます。

このすき間を歯周ポケットというのですが、細菌の塊である歯垢(プラーク)が歯周ポケットの中にも進んでいき、毒素を出してさらにポケットを深くして歯周病が進行していきます。

このとき歯周ポケットの中では、メチルメルカプタンの濃度は、唾液や口の中の空気に薄められないので、とても高くなります。

そのため歯周ポケットの中では、歯周病が進行しやすくなるのです。

歯周病の対策、基本はブラッシング!

このように歯周病は口臭の原因であるとともに、口臭自体も歯周病の悪化の原因となるのです。

対策としては、自分で行う(セルフケア)、正しいブラッシングによる歯垢の除去(プラークコントロール)と、歯医者さんでの定期的な検診、清掃、歯石除去(プロフェッショナルケア)が必要です。

自分だけでも、歯医者さん任せでもダメです。

今、歯周病ではないと思っている人も、自覚症状が少ない病気なので、もしかするとかかっているかもしれません。

正しいケアの方法と検診もかねて、1度歯医者さんで診てもらいましょう。歯周病の治療は、早ければ早いほど回復しやすいです。