玉ねぎによる口臭、臭いはどうしたらいい?

口臭には、食べたものが原因となって臭う場合がありますが、そのような食べ物に、玉ねぎがあります。玉ねぎが口臭を発生させるしくみと、対策について考えていきます。

食べ物による口臭とは?

通常、食べ物を食べて発生する口臭は、口の中にその食べ物の成分が残っているからであり、それによって臭いが発生します。

そのため、臭いの強い食べ物(納豆や漬け物など)による口臭は、口の中をきれいにする(歯みがきなど)ことによって、ほとんどが解決します。

ところが、それでは無くならないのが玉ねぎによる口臭です。

玉ねぎが原因でおこる口臭とは?

玉ねぎが口の臭いとなるのは、玉ねぎに含まれるアリインという成分によります。

アリイン自体はそれほど臭いのきつい成分ではないのですが、このアリインが玉ねぎを切ることで、アリナーゼという酵素の働きにより、アリシンという物質になり、これが臭いのもとになります。玉ねぎを切ったときに涙が出るのも、アリシンによるものだといわれています。

そしてこのアリシンが体内に入ると、体の中で分解されて、アリル・メチル・スルフィド(AMS)という物質に変わり、このAMSが玉ねぎによる口臭の、最大の原因となります。

この物質は、体内で血液に吸収されて、体の中を回り、その一部は汗として出てきて体臭になることもあります。そして、肺まで回ったAMSが、呼吸と一緒に出てきて、口臭となるのです。

普通の臭いの成分や、体にとって有害なものは、肝臓の解毒作用によって分解されるのですが、このAMSの困ったところは、それがされないという点です。

この成分は体内で分解される事もなく、減りもしないので、汗や尿、呼吸として外に出続けることになります。この臭いは、食べた量にもよりますが、長いと食後16時間も続くといわれています。

ちなみに、この成分は、にんにくや長ネギ、ニラなどにも含まれ、同様の臭いが発生する可能性があります。

玉ねぎによる口臭、臭いの対策には?

口の中をきれいにする!

口の中には、臭いの成分が残っている事が考えられるので、できれば歯みがき、無理ならうがいをしましょう。また、唾液は口の中の汚れを洗い流す効果があるので、ガムをかんだり、水分をとるようにしましょう。

火を通す!

臭いの成分であるアリインは、アリナーゼという酵素によって、さらに臭いの強いアリシンという物質に変わるといいましたが、酵素のアリナーゼは、非常に熱に弱いため、調理の際にゆっくり、しっかり熱を通すことで、作り出される臭いの成分を減らす事ができます。

つまり、逆に生のオニオンスライスや、サラダの中に入っている玉ねぎは、臭いを発生させやすいので注意が必要です。

牛乳を飲む!

牛乳が胃の中で膜を張るので、臭いの成分が出てこない、など、臭いを抑える方法としてよく耳にする事がありますが、実際には、牛乳が膜を張ることはないようです。牛乳もタンパク質なので分解されるから、当然といえば当然ですが。

では牛乳の何が良いのかというと、牛乳の水分、及び脂肪分が臭いを消臭する効果があるとのことです。実際に牛乳によって、気体になった臭いの成分の濃度が下がる、という結果もあるようです。

牛乳を飲むタイミングとしては、本来なら食中、つまり食べながら飲むのがベストなのですが、なかなか抵抗がある人も多いでしょう。食後よりは、食前の方が効果は高いようです。

つまり、食べたものと牛乳が混ざる必要があり、食べた後に時間が経っていると、臭いの成分が作られて、血液に吸収され手遅れだということです。

汗をかく!

とにかく体の中から臭いの成分を出せば良いので、汗として早く出しましょう。ちなみに、運動して汗をかくのは良いのですが、その汗は臭いの成分が含まれ、臭っている可能性が高いので、注意が必要です。

お風呂にいつもよりゆっくり入って、たくさんの汗を流すようにするのも効果的でしょう。

玉ねぎによる口臭は、時間とともに無くなっていくものなので、それほど気にする必要はありませんが、自分では気付きにくいので、食べたあと数時間は、臭っている可能性があることを意識するようにしましょう。