よだれと口臭には関係がある?

photo credit: Eyes of the Innocent via photopin (license)

朝起きた時に、枕によだれが垂れていて、とてもくさく感じた事はありませんか?もしこの臭いが普段から口臭として外に出てしまっていたら、心配ですよね。よだれの臭いと口臭の関係についてみていきましょう。

よだれの臭いの正体は?

よだれが臭うのには、当然原因があります。口の中には常に億を越える数の細菌が存在しています。細菌は、口の中の食べカスや、粘膜からはがれた細胞などをエサとして活動しています。

それらを分解することでエネルギーとして増殖しているのですが、分解された食べカスなどは腐敗していき、揮発性(気体になりやすい性質をもった)硫黄化合物と呼ばれる物質ができてしまい、主に次の物質がそのほとんどを占めます。

  • 硫化水素
  • メチルメルカプタン
  • ジメチルサルファイド

そしてこれらの物質が口の外に気体として出てきたときに、口臭となるのです。

よだれが閉じ込める!

ところが実際にはこの物質が細菌によって作り出されても、すぐに口臭が発生する訳ではありません。何故ならこれらの物質は、よだれの中に溶けているからです。つまり、よだれの中には、口臭の元となるガスが溶けた状態で存在しているのです。

その為、枕に垂らしてしまったよだれは、それが渇くと臭ってくるのです。よって、口の中によだれを含んでいるからといって、常によだれが渇いた時のあの臭いを発している訳ではありません。

口臭の発生する原因は?

つまり、よだれが口臭の原因となる訳ではなく、よだれが口の中から無くなってしまう事が、1番の口臭の原因なので、口の中が常に潤っている事が、大切になります。

口が渇く

口が渇く時というのは色々あり、

  • 緊張している時
  • ストレスを感じている時
  • 激しい運動をした時
  • 薬を飲んだ時

などがあげられますが、最も気を付けたいのが、口呼吸です。口呼吸とは、鼻炎などの為に鼻が詰まり、鼻で呼吸するのがしんどいときに、呼吸を助ける為に行っている口での呼吸の事で、ボーっとしている時に口が開いていたり、寝てる時だけ口呼吸になっていたり、と人それぞれです。

そもそも寝ている時に枕によだれが垂れているという事は、口呼吸をしている事の証拠であり、特に起きた後の口臭には注意が必要です。口で呼吸をしていると、試したら分かると思いますが、30秒もすればカラカラになります。そうなると、溶けていた気体が外に出てきてしまうのです。
「口臭対策の為に口呼吸を改善!」

さらによだれ(唾液)の中には、細菌を抗菌する作用もあって増殖を押さえてくれるいるのですが、口の中が渇いていると、細菌が増加し、口臭も増えてしまいます。

よだれによる口臭対策

理想的なのは常に口の中が、潤っている状態を作る事。その為に効果的なものには、次のようなものがあります。

  • ガムをかむ
  • 水分をきっちり取る
  • 舌の運動(上下、左右に動かす。歯茎に沿って回す)
  • 梅干しを食べる、または想像する
  • ツボを押す
  • アゴの下や頬をマッサージする
  • 食事の時にゆっくりとよくかむ

よだれは渇くと、程度の差はありますが臭います。必ず臭います。臭いの成分が溶けている訳ですから。口の中を潤った状態に保つ事が、口臭対策にはとても重要な事なのです。