舌苔の色にはどんな意味がある?

photo credit: Six Degrees of Rachel via photopin (license)

舌の表面に苔のように汚れが溜まる事がありますが、これは舌苔(ぜったい)と呼ばれ、口臭の原因となります。

舌苔は白っぽいものから、少し色がついている場合もあり、その色によって舌苔が付着する原因が分かる場合があるのです。

口臭の発生源、舌苔とは?

口の中には食べカスや口の中の粘膜からはがれた細胞、血液の成分、細菌の死骸などが存在しています。

舌の表面には舌乳頭(ぜつにゅうとう)と呼ばれる無数の突起があり、食べカスなどがその隙間に埋まっていったものが、舌苔となると、言われています。

舌苔の成分には、細菌のエネルギーとなるタンパク質が多く、口の中の細菌が分解して腐敗する事により、口臭の元となるガスが発生するのです。

口の中は歯周病などの、口臭の原因がたくさんありますが、全体の6割が舌苔で作られていると言われています。

舌苔の色は何色ですか?

まず始めに、舌の表面が正常な時の色というのは、薄い白色をしている状態です。舌苔が全くないあまりに鮮やかなピンク色の舌というのは、逆に正常とはいえません

ある程度の舌苔は表面を保護する為に必要であり、また舌乳頭の先は角質化されているので、少し白くなるのです。

舌の表面が少し白いからといって、歯ブラシ等でピンクになるまでゴシゴシ磨いていると、この舌乳頭の先がはがれてしまい、逆に舌苔が多くなって口臭が発生するばかりでなく、舌の働きである味覚にも支障が出る事もあります。

舌苔が白く分厚い時

  • 体が冷えている
  • 体内の水分が過剰
  • アレルギー
  • 風邪
  • 寝不足

舌苔が黄色の時

  • 体が熱を持っている
  • 炎症を起こしている
  • 歯周病
  • 暴飲暴食による胃腸の不調
  • 喫煙や食べた物の色が着色

舌苔が黒い時

見た目だけでも体が悪そうですが、病気の慢性化、重症化の際に見られる事があります。

免疫力の低下により、一部の細菌が増殖する事が原因となる事もあるようです。

舌苔の対策はどうしよう?

舌苔が発生するのは舌の汚れが溜まるから、という面はありますが、体の不調によってその症状として現れてくる、という側面もあります。

そのため舌苔は口臭の原因なのですが、磨いた取る事は根本的な解決にはならないのです。

そして磨きすぎる事で、さらに舌苔、口臭を悪化させてしまう事になります。舌苔ができる体の不調を取り除く事を意識しましょう。

舌苔の量、色をチェック!

舌苔が付いているからといって、必ず口臭が発生している訳ではありません。自分の舌の状態がどの位の時に臭うのかを知ることが必要です。

その為には常に舌の状態をチェックしましょう。

できれば家族に口臭があるかどうかを言ってもらい、ある時、無い時の舌苔の状態(厚み、色、範囲(舌の先、端まできているか))を確認しましょう。

家族でも確認してもらうのは抵抗がある、という人(その方が多いと思いますが、)も、たくさん付着している時は口臭発生の可能性が高い訳ですから、普段からのチェックは重要です。

そして自分のどの様な生活習慣によって、舌苔が増えるのかを知ることができます。
(舌苔が多いときの前日の食事の内容や、アルコールの量、睡眠時間を思い返す事によって)

また1日のうちでも時間帯によって舌苔の量は変わります。

朝起きた後は唾液の量が少なく、最も舌苔の量が多い時間帯となるでしょうし、食事の後は食べ物でこすれたり唾液の分泌も多くなって、比較すると舌苔は少なくなっていると思います。

その自分の中での舌苔の多い日、時間を把握して対策を取る事が大切です。わからないと、過敏になって必要な舌苔までもひたすら磨いて、さらにひどくなってしまいます。

舌苔の対策は?

よく舌苔の対策として舌を磨きましょう、というのを見かけますが、舌苔には発生する原因があり、それを解決しない限り根本的な対策にはならないので、おすすめできません。
「口臭対策に舌ブラシを使わない方が良い訳」
「口臭対策にどうしても舌ブラシをつかうなら」

舌は体の中の臓器とつながっていて、唯一目で見られる器官です。

こまめに色などをチェックする事で、体の調子を見たり、口臭対策に役立てましょう。