舌苔にジェルを使う?

photo credit: Day Nine - KISS via photopin (license)

舌苔(ぜったい)と呼ばれる舌の汚れを取り除くのに、ジェルを使う方法があります。どのように使うのか、そしてどんなものがあるのかをみていきます。

口臭の原因、舌苔とは?

舌の表面に白や黄色い汚れが付いていることはありませんか?その汚れは舌苔(ぜったい)というのですが、口の中から発生する口臭の6割は、ここで作られるといわれています。

舌苔とは?


舌苔は口の中の
食べカス、
粘膜からはがれた細胞、
白血球、
細菌の死骸、
などが、舌の表面の舌乳頭(ぜつにゅうとう)という細かなヒダの間に溜まったものです。

口の中には、多くの細菌が存在していて、これらの舌に溜まった汚れを分解し、それらが腐敗する事によって口臭の元となる気体が作られて、臭いを出します。

舌苔による口臭の対策

つまり、舌の汚れである舌苔を取り除ければ、口臭を抑える事ができるのですが、ただ取れば良い訳ではありません。

なぜかというと、舌の表面は粘膜のため、歯ブラシなどでゴシゴシ磨いたりすると、舌を傷つけてしまいます。そして舌の表面がはがれることによって、それらが細菌のエサとなり余計に口臭が作られてしまうのです。

そのため舌苔をとるには、できるだけ舌に優しい方法でとることが必要となります。

舌苔をとるのにジェルを利用する!

舌は傷つけないためには、できれば磨かない方が良いのですが、どうしても磨きたい場合、歯ブラシでそのまま舌を磨くのではなく、舌磨き専用のブラシやグッズを使用しましょう。

そして、その時に一緒に利用するのが、舌磨き用のジェルです。

ジェルを利用する理由は、汚れを浮かび上がらせて、取りやすくするためです。その事によって、磨く回数も少なく済むので、舌にも優しくできます。

舌苔を取り除くジェルには、次のようなものがあります。

潤いベロのクリーナー

キウイフルーツに含まれるアクチニジンという、タンパク質を分解する酵素が成分として含まれていて、タンパク質でできている舌の汚れを分解します。また、その他にも汚れを浮かび上がらせる成分が含まれています。

使い方は、ジェルを舌の上に2、3滴垂らして上アゴにくっつけて伸ばすようにし、5~10秒ほど待ってから、専用のクリーナーで汚れをかき出します。

セラブレス トゥースジェル

これはジェル状の歯磨きで、舌にも利用できる、というタイプです。まずは歯ブラシにジェルをつけて歯磨きした後、舌につけて利用します。この時、歯ブラシでそのまま磨くのは止め、専用のものか、舌用のブラシなどを利用しましょう。

セラブレスには、亜塩素酸ナトリウムという成分が入っていて、この成分が口の中に酸素を行き渡らせます。口臭を作り出す細菌は、酸素が苦手なので、この成分によって活動を抑える事が出来るということです。

磨きすぎ注意!

他にも舌苔をとるためのジェルはあるのですが、舌への刺激が強かったりするものもあるので、注意が必要です。

もし、舌磨きをするのであれば、やり過ぎに注意しましょう。回数は1日に1回で十分です。磨くのも、数回舌を奥から手前にこする程度にしておきましょう。

多少の舌苔は、舌の保護のために必要なものなので、取れない分を無理にこすって取る必要はありません。

鮮やかなピンク色の舌が良いのではなく、うっすらと白い舌が正常な状態なのです。

舌を磨きすぎると、味覚に障害が出る事もあるので、くれぐれもやり過ぎないようにしましょう。